トップ > 九谷焼

九谷焼

九谷焼

九谷焼とは

九谷焼(くたにやき)は江戸時代前期で誕生した日本を代表する色絵陶磁器で、最大の魅力は「上絵付け」です。
上絵付けとは、一度焼いた後、顔料で紋様を描き、再度焼く技法のことで、九谷焼や有田焼などが有名です。
その特徴は、赤・黄・緑・紺青・紫の五彩手(通称九谷五彩)を多用した華麗な色使いと大胆で斬新な図柄でとても優雅な印象を与えてくれます。
宮内庁の贈答品や英国チャールズ皇太子御成婚祝としても献上されるなど、日本のみならず外国でも高い評価を受けている九谷焼の色彩のハーモニーをご堪能ください。

全62件